スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWG-BG74/swinging プロト

Category : 会員様の釣果情報
ブリーデン代表の村井社長様のご好意により、開発中のSWG-BG74/swingingのプロトをお借りすることができました。

使った感想ですが、『とにかく凄い感度で、その繊細さに衝撃を受けました。』

いままでのエギングロッドとはまったく次元の違う・・・。

感度、パワーバランス、村井社長・・。

さすがです・・。

これからのボートエギングが間違いなく変わるでしょう。

まるでへらぶな釣りのような繊細な釣りが楽しめる魔法のロッドと言ってもいいでしょう。(イメージですが・・。)

始めは扱いにかなり戸惑いましたが、何時間か使っているうちに段々と扱い方が分かってきました。

『これ、楽しい・・・。』

エギマルとの組み合わせで、いままで取れなかったアタリも確実に取れる・・。

しかも浅場、深場を関係なく高感度で探れる・・・。

エギマルがレーダーの役割を果たしてくれるので、海底の状態が手に取るように分かる。

まずキャストして着底すると、『コツ・・。』と、小さく伝わる・・。

『おぉーー、ヤバイ。』

※LC70では、PEの出具合で着底を判断しておりましたが、このロッドはティップに着底がハッキリと伝わってきました。(3.5D、3.5SDで試してみました。)

着底後に3、4回ほどシャクリを入れる。

そして、テンションフォール。

10秒ほど待ってアタリがなければ、そこから3、4回シャクリ、テンションフォール。

ここまでは、スパ釣と同じですがBG74はここからが違う。

烏賊がエギに触れる一瞬がティップから伝わってくる。

『コンコン・・・プン!ギュイーーーン』となる。

プンの前のコンコンが伝わってくる・・。

LC70では全く取れてなかったアタリがハッキリと確実に分かる。

ただ柔らかいだけではない。

硬さと柔らかさの絶妙なバランス・・。

1ピースだからできたこのバランス。

『これ面白い』

小さい頃に楽しんだ餌釣りを思い出した・・・。

オモリと針だけのシンプルな仕掛けで、餌は魚の切り身を付けて・・・。

どんな魚が釣れるのか、ただただ竿先だけを見つめて、ワクワクしていたのを思い出した・・・。

(唄)夏が過ぎ、風あざみぃ誰のあこがれに・・・・・。

『井上陽水 少年時代』より。

------------------------

比較になりますが、ティップランエギングと比較すると、引き重り感なくエギをダートさせられる+エギのサイズを替えることにより、どんなポイントでも攻略できる・・。

ティップRUNが動の釣りなら、BG74は静の釣りでしょう。

横にダートさせるだけで無く、縦横を手首の感覚だけで確実に動かせる感じ。

エギマルとBG74だからこそできる繊細な釣り・・。

-------------------------

BG74は水深1m(3.5S)から水深30m付近(3.5SD)までの全域をカバーできます。

これ1本で1年中楽しめる!

キャストOK!

バーチカルOKのオールマイティータイプ!

LC70が剛の剣なら、SWG-BG74/swingingは柔の剣でしょう。

とにかく楽しいロッドでした。

※プロスペックとの相性も試してみましたが中々良かったです。

P4170640.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。